スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンサンブル 

うちの芝居のオーディションに来てくださる若い方々のなかに「私の役はアンサンブルですか?」と質問する人がいます。ミュージカルのオーディションで役付きとアンサンブルと別けられ アンサンブルはその他大勢という理解らしいのです。鳥獣戯画はそういう風に考えた事がないので少しびっくりします。芝居には当然いろんな役があります。一つ一つ大切な役です。出番が多いから良い役だ とかセリフが少ないから悪い役だとか 考えた事がありません。どの役だって輝く瞬間があるし作れるし…「いい役悪い役というのはない。いるのはいい役者と悪い役者だけだ。」と誰かがいったそうです。本当に その通りです。だから何故そんな質問を?と思います。ただ そんな事を聞く若い人のなかにはアンサンブルだからと差別化された辛い事でもあったのかな?と思うと可哀想にも感じます。昨今はオーディションばやりですが 制作側がしっかりしているとは限らず…しかし 自分は主役級でなくては というほどの力があるなら オーディションをみる私達には判るけれど。つまりこっちを信じてないという事ですか
ね?信じてないところのオーディションなら受けなくていいのに。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gigagiga.blog69.fc2.com/tb.php/618-0f1dd8ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。